車査定

車の資産価値の推移

車を買ってから売るまで、どのように車の価値が推移していくかご存知ですか?平均的な車は買った瞬間に中古車になるため、一度誰かの手に渡ってしまうと、新車同様でも100万円近く価値を落とします。その後はその車の人気によって大きくかわりますが、スポーツカーやプレミアムカー、軽自動車などの車は落ちにくいものの、平均的に一年で15万円前後落ちていき、だいたい10年でほぼ資産としての価値がなくなります。車をうまく乗り換えていく乗り方には二種類があって一つは、一回目の車検を受ける前に新しい車に乗り換える、もう一つは10年をこえても同じ車に乗り続け、大きな故障をしないようにこまめにメンテナンスをするという乗り方があります。身の回りにお金持ちという訳ではなさそうなのに、何台も車を乗り換えている人は、車狂なのではなく意外にコスト管理が上手だったりするわけなのです。つまりは中途半端が一番お金がかかるということです。今の車にどれほど満足していますか?10年をこえても乗り続けようと思っていますか?一生付き合える車を見つける為にも、一度乗り換えをしてみてはいかがでしょうか。気に入らなければ短いスパンで乗り換える。そのなかで一生ものだとおもう車が見つかれば、丁寧にメンテナンスしながらとことん乗り潰す。一生で乗り換える車は平均で7〜10台とのことです。車と一生付き合っていくのであれば、車の資産としての価値を考えて車選び、乗り換えをしてみましょう。

サブコンテンツ

最近のコメント

    カテゴリー

    このページの先頭へ