車査定

買取と下取りのちがい

下取りとは、次に乗る車に乗り換える時に今乗っている車を買い取ってもらい、次の車の代金からその分を引いてもらうこと。あまり状況の良くない車でも買い取ってもらえるというメリットがある。車を買い替えることと、同時に行えるため、多くの人が利用するが、あくまで乗り換える車のわずかな足しと考える事が多い。買取とは車を手放すことである。つまり車を売ることと、新しい車を買うことを分けて行う。売り手が主導権を握る下取りとくらべて、買取りは売り手が主導権を握り、選択をできる自由がある。しかし高く売る為にはいろいろな会社に車を持っていき、その会社ごとに下取り価格を調べてもらい、一番高く売れるのはどこの会社なのかを自分で足を動かし調べなければ行けないというデメリットがある。しかし現在では一括査定のサイトがあるので、数社に一括査定してもらい、一番高く買ってくれる会社に売ることが可能である。一番高く買い取ってくれる業者に売れるという自由が売り手にある。

サブコンテンツ

最近のコメント

    カテゴリー

    このページの先頭へ